6月末梅雨前線豪雨1999年6月29日福岡災害(1999.6.29.福岡災害)


○天気概況

九州北部では6月28日夜半から活動が活発化した梅雨前線の影響で、南海上から暖かく湿った空気が流れ込んで雨雲が発達。29日午前、福岡県北部などに豪雨をもたらした。

○降雨状況(6月30日15時現在:福岡県河川課速報)

観測場所:福岡市大濠(福岡管区気象台アメダス観測)
連続雨量:166.5mm(6月28日16時〜6月30日7時)
最大日雨量:160.0mm(6月28日16時〜6月29日16時)
最大時間雨量:77.0mm(6月29日8時〜6月29日9時)

○出水の概要

 梅雨前線の活動により,福岡県北部を中心に激しい雨が降り、6月29日明け方より1時間に約80ミリという豪雨を観測した。この豪雨に伴い、福岡市内を貫流する御笠川(福岡県管理2級河川)が越水するなど,福岡市街部で甚大な被害が発生した。特にJR博多駅周辺一帯では最大1メートル程度の浸水被害が発生し,周辺を走る道路では車の通行が困難な状況となったほか、博多駅を通過するJRおよび地下鉄の一部区間が運休するなど,市民生活に大きな打撃を与えた。

○被害状況

 御笠川をはじめ,福岡市内では28河川(42箇所)において越水による浸水被害が発生したほか、他の河川でも内水被害等が発生した。主な被害状況は以下のとおり(7月1日14時現在,福岡県消防防災課とりまとめ速報による)。

福岡市内 死者 1名
床上浸水家屋 708棟
床下浸水家屋 703棟
半壊家屋 2棟
その他福岡県内 負傷者 5名(重傷3名、軽傷2名)
一部損壊家屋 16棟
床上浸水家屋 354棟
床下浸水家屋 1802棟
非住家 7棟


[福岡市の主な浸水状況(御笠川流域)]

人的被害 浸水戸数(戸) 浸水面積(ha)
種別 軒下浸水 床上浸水 床下浸水
死者1名 家屋 305 735 1,047 約280
事業所 23 627 573 1,223

[福岡県河川課調べ:平成11年7月30日現在】

○体験者の証言

東福第二ビル管理人T・O氏の話

 前日から大雨が降ると言うことだったので、いつもは鍵をかけてある止水板をすぐはずせるようにしてありました。
 当日、朝8時頃、ビルのオーナー夫婦が来て、駐車場の入口に止水板をつけたそうですが、その時、もうだいぶ地下駐車場の方に水が3,40センチくらい入っていたらしいです。私が出勤してきたときは9時でした。その時は前の道路はずっと川みたいになっていました。その時水は、高さ40センチの止水板すれすれにまで来ていました。そのころ道路はまだ車が通れていました。車が通ると波で水が止水板を越えるという状態でした。10時頃まで私は駐車場の入口にいました。テナントの人が車を利用したいというのを止めていたんです。止水板をはずすと水がどっと入ってきますから。
 10時頃になると水がひいてきました。それでそろそろ止水板をあけようかと思ったら、また徐々に水か増えてきました。ちょうどそのころが川があふれた頃なんですね。テナントの人も全然気がついていません。危機感は私も含めて全然ありませんでした。そのころもテナントの人は用件があるから車を出したいと言うことだったんです。10時頃から水か増えてきたので止水板の隙間をビニール袋で埋める作業をやりました。そうしているうち次第に水が止水板を越えてくるようになりました。そしたら向こうの方からざーっという音が聞こえてきました。駐車場の換気窓から水が入ってきたんです。
 それで、私は亡くなられた方(宮崎さん)の店に行って、車を動かしてくださいと言いました。でも車の鍵がなかったので動かせませんでした。そのころ(10時15分頃)宮崎さんは仕込み中でした。その少し前に喫茶店の人が、自分の店の前に置くので土嚢を分けてくれといって持っていきました。その時、外階段に見に行ったんですが、まだ少し余裕がある状態でした。その時喫茶店はシャッターが開いていましたが、串揚げの方はまだ閉まっていました。喫茶店の人が10時20分頃砂嚢を置くと、中で仕込みをしていた宮崎さんが「すいません」と言っていたと言うことです。
 水が止水板を越えた頃、テナントの人に車を出すように電話して、エレベータを一番上の階で停止させました。そして10時半頃また地下に戻ってきました。そのころまた呼びに行けばよかったんですが。宮崎さんが最後に電話をかけたのが10時半だと言っていました。その時は駐車場からビルの方に水が流れ込んでいました。でも水深はくるぶし位まででした。後で気がついたんですが、そのとき駐車場へのドアを閉めればよかったんですね。でも車を取りに行った人がまだ駐車場にいるかもしれないと思って、そのまま開けておいたんです。
 外開きのドアが串揚げやさんの内階段に通じる出口にあって、そこが水圧で開かなくなったようです。後でみたらドアの下半分が破れていました。宮崎さんが蹴ったのか水圧なのかわかりませんが。宮崎さんはそのドアの外で発見されたそうです。
 10時40分頃停電しました。これは地下に水が入ったのでショートしたのです。停電は地下だけです。配電盤は屋上です。停電したので喫茶店の人は内階段を通って避難しました。喫茶店から階段ホールまでのドアは内開きで、(水が入ってきても)開けやすいです。最終的には、外階段、駐車場入口、換気窓から水が入ってきて、急に水位が上がってきました。喫茶店の人が宮崎さんがいないみたい、というので、私はすぐ110番をしました。ちょうどその時、火災警報が鳴り出しました。センサーに水が反応したんだと思います。うるさいのでその音を止めて、また電話をしようとしたときには電話が不通で、かからない状態になっていました。10時40分過ぎですね。しばしらくしたら串揚げ屋さんの別の従業員が来たんです。その人が携帯を持っていたのでまずはオーナに電話して、それから119番に電話しました。通報を受け付けたのが11時17分とか言っていました。
 車を出してくださいと言ったとき、宮崎さんは仕込み中で、別にあわてた様子はなく、普通でした。また逃げてきた喫茶店の人と会ったときも動転している様子はありませんでした。
 私も全然危機感というものはありませんでした。というのはある程度のところで水が止まると思っていたんです。というのは、川があふれているという情報が入っていないでしょ。川の水が堤防を越えることは、ちょっと考えられんものですからね。水が増えてきたとき、堤防が切れたんじゃないか、と言う人はおりましたけどね。まさか、と思ったんですよ。
 このビルは平成8年か9年に1回浸水したことがあるんです。その時は川があふれたわけではなく、雨で。止水板と、砂嚢で防いだんです。だから、今度も川のあふれがなければ、10時頃から水が引き初めて、何事もなかったはずなんです。だから私も膝まで水が入っていても、その時のようにまた水が引くと思っていたんです。そのとき川があふれている、という情報が消防署やテレビあたりから入っていたら、すぐ避難させてます。マイクで。やっぱ情報不足というのが一番、こういう事態になったんだと思います。水が一杯になった後、その時もまさか人が残っているとは思いませんでしたから。私が危機感を持ったのは喫茶店の人が、宮崎さんがまだ残って居るんじゃないかと騒ぎ始めた時からです。
 上に上がってテレビをつけたけど、テレビはなにもやっていなくて、普通でした。川が切れたのを知ったのは午後になってからです。

博多都ホテルフロント係・三好要氏
 朝、雨の状況がひどいというのを見たのが9時過ぎなんです。その時は外の道路には水はたまっていましたが、まだきれいな透明な水がたまっている状態でした。歩いている人はズボンをまくっておられました。水の深さはすね位でした。その時はすごい降ってるなと思ったくらいでした。勤務が10時に終わるので、10時半頃地下(2階)にロッカー室があるので、地下におりました。その時はもう地下に水が流れこんでいる状態でした。従業員用の非常階段には、その時はかなり濁った水が流れ込んでしました。土嚢は積んであったので、その隙間からの水が、「さーっ」と言う感じで階段を流れていました。自分もズボンを膝までまくって降りていったんですが、別にそこまでひどくはないという感じでした。そんなに特に真剣になると言うような感じでもなくて。逆に「すごいなー」という感じで、降りていったんです。地下に降りたら、すでにすねぐらいまで水がたまっていました。ゴミとか空き瓶とかが流れてきていました。ロッカー室までたどり着いてドアを押して入ろうとしたんですが、開かなかったんです。水圧なのか何か引っかかって開かないのかわかりませんけど。そこで5分ぐらい ドアを開けようとしていたんですけど、その間に水かさが膝下くらいまで上がってきていました。待っててもドアは開かないや、と思って、戻った方がよかろうということで、その階にいた方と戻ろうとしました。通路にリネン室で作業していた人(リネン係のSさん)が居て、その人を誘って。行こうとしたら防火シャッターが降りていたんです。来るときは降りてなかったんですが、スプリンクラーの水に連動して降りたんでしょうね。ベイカー(ホテルのパンを焼く人、地下にパン焼き工場がある)の方2名(YさんSさん)が防火扉を押している状態だったんです。あと、もう1人地下の食材の関係で電話をしている人(Jさん)が居て、5人が地下に居たんです。結構力をいれて押していました。数十秒ぐらい見ていると、ドアが開くと反対側に人が居たんです。3人の力がうまく働いてたまたま開いたんだと思います。そこは少し低いところだったんで膝上位まで水がありました。おそらく水圧で水が開かなかったんだろうと思います。そして非常階段を上って地上に上がりました。
 防火ドアが開かなかったときには恐怖感がありました。これはちょっとただごとじゃなくなってきたなー、と。降りていってロッカー室のドアが開けてるときなんかは全然恐怖感はなかったです。非常階段を登ってきているときに停電(後で聞いたらブレーカーをおろしたようです)して暗くなりました。非常灯はついているので真っ暗ではありませんでしたが。
 水は駐車場の入口・出口から入ってきたので、地下に水がたまっていたようです。非常階段を下りていくときにはこんなことになるとは全く考えていませんでした。防火シャッターのところで反対から人が来てくれなかったり、他の人が居なかったら、どうなったからわかんないですね。こういう経験が1回でもあれば違うんですけど、まさかそんなになるとは思わないですよね。ここまでなるとは思わなかったです。

(2)地下空間の災害実態


1)福岡水害の状況
 平成11年6月29日、福岡市街を梅雨前線による豪雨が襲い、内水氾濫や御笠川の溢水氾濫によりJR博多駅周辺が最大1m程度の浸水被害を受け、交通が麻痩状態となった。さらに、その氾濫流は地下鉄や地下街などへ流入し、ビルの地下階において1名が逃げ遅れて死亡した。
 豪雨による水位上昇により御笠川の各所で溢水が生じた。溢水箇所は博多駅周辺、福岡空港の南側および合流点付近の諸岡川である。溢水は概ね午前10時前後から12時にかけて生起している。
 博多駅周辺は深い所で0.5〜1,Omの浸水となった。このため地下街への地上部入口から氾濫水が侵入し、地下商店街一帯が5〜15センチメートルの深さで浸水した。
 福岡市では、小規模なビル地下階に多量の水が流入するとともに停電となり、死者が発生した。東福第2ビルにおける被災の要因としては、地下1階に飲食店階段、地下駐車場入口、同換気口から大量の水が一気に流入したこと、同時に停電となり電灯が消えたことが考えられる。特に地下駐車場では、止水板があったもののそれを越えてビル前の路面から車が入る大きな幅を持って水が流入した。これらを防ぐことはかなり困難である。
 緊急通信後10分で警防隊が駆けつけたが、すでに天井近くまで浸水していた。素潜りで救出に向かったが、入口のシャッターが閉まっており断念した。
 特に外部から避難指示等の連絡はなかったようである。
(福岡市地下空間洪水被害四省庁合同調査報告書 平成11年7月:運輸省、自治省、国土庁、建設省より)